このライトノベルがすごい!文庫 スペシャルブログ

ここでしか読めないスペシャルなコンテンツを公開!

『魔法少女育成計画breakdown』5人の魔法少女

breakdown0 『魔法少女育成計画』外伝
『魔法少女育成計画breakdown』
 2017年1月本格始動予定でした!

絶海の孤島で繰り広げられる
新たなサバイバルゲーム!

ある高名な魔法使いが、実験中の事故によって命を落とした。長い時を生き、無数の魔法や アイテムを作り上げてきた偉大な人物の死に、「魔法の国」の人々は嘆き悲しんだ。

彼の死から数カ月。彼の代理人から、縁者たちに招待状が届きはじめた。
指定された場所は、故人が別荘兼研究施設として利用していた小さな無人島。
招待状には、いくつかの注意事項が記されていた。

曰く、この手紙は相続の権利を持つ者たちに同じ文面で送られていること。
曰く、その地で故人の遺産を相続する人物を決定すること。
曰く、招待に応じない者は相続の権利を失うこと。
曰く、各相続者は最大2名までの魔法少女を同伴者として連れてきていいこと。

権利者の一人として手紙を受け取ったマナは、その内容を訝しみながらも、熟慮の末に
親しくしている二人の魔法少女に連絡をとった――

続きを読む

『魔法少女育成計画QUEENS』12人のプク・プックたち

9ab511ef このラノ文庫12月新刊
『魔法少女育成計画QUEENS』
 12月10日発売予定です!

さあ! みんなプクの

お友達になってよ!


着々と進行するプク・プックの「魔法の国」救済計画。多大なリスクを孕んだその計画を阻止するため、そして囚われの身となったシャドウゲールを救い出すため、プフレは記憶を失ったまま起死回生の一手を打つ――。

話題沸騰マジカルサスペンスバトル
『魔法少女育成計画』シリーズ最新作登場!
『JOKERS』『ACES』と続いた物語が一区切りとなる今作、いったいどんな展開が……

って、なんかいつもと違うよ!?

続きを読む

『古書街キネマの案内人』の裏話

koshogai_shoei
現在発売中の
古書街キネマの案内人
おもいで映画の謎、解き明かします
』 

著者の大泉貴先生は大学生時代に映画館でアルバイトをしていた経験があり、そのときの経験が作品にも活かされています。

映画に対する想いや、この作品に込めた思いを書いていただきました。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  10年前、僕は映画館でバイトをしていた。
 有楽町駅から歩いて五分、有楽町マリオンにある映画館、日劇PLEX。現在のTOHOシネマズ日劇である。
 なんで人生最初のバイトをわざわざそれほど時給も高くない映画館にしようと思ったのかはよく覚えていない。
 映画が好きだったからとか、
 週替わりのシフト制だったので大学の講義と時間の調整がしやすかったとか、
 あとは映画館だったら入れ替え以外はそんなに仕事もきつくないのでは?  とか、そういう舐めた動機からだった気がする。
 
 肌に合わなかったらすぐに辞めればいい。
 そんな軽い気持ちで始めた映画館のバイトを結局、僕が小説家としてデビューする2010年までほぼ4年以上に渡って続けた。
続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード