このライトノベルがすごい!文庫 スペシャルブログ

ここでしか読めないスペシャルなコンテンツを公開!

受賞者インタビュー最終回 優秀賞『暴走少女と妄想少年』 木野裕喜

受賞者インタビューの最後を飾るのは第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の優秀賞を受賞した木野裕喜さんです!

bousou


1回『このライトノベルがすごい!』大賞 優秀賞作品


『暴走少女と妄想少年』

著者:木野裕喜
イラスト:コバシコ




木野裕喜さんは、奈良県在住ということで、前回のおかもと(仮)さん同様メールでのご解答をいただきました!

――受賞の電話連絡を受けたときはどんな気持ちでしたか?

木野
嬉しかったのはもちろんですが、それ以上に死ぬほど安心しました。
色々と崖っぷちでして……

編集部(注
崖っぷち……?いったい何が……。あえて深くは聞くのはよしましょう。


――受賞について周囲方の反応など何かありましたか?

木野
親しい友人からは、キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!! と祝福の絶叫をいただきました。
家族は小説家というものに疎かったですが、「頑張れ」と一言温かい激励を♪

編集部(注
ええ話や~。でも、顔文字が、顔文字が……。


――小説を書き始めたきっかけはなんですか?

木野
好みの問題ですが、オモシロクナイ(>ω<;)ラノベを読み、これなら自分も頑張れば書けるかな、と調子にのって手を出したのがきっかけでした。

編集部(注
いい話のあとに、オモシロクナイラノベとか……。他の作家さんを敵にまわすようなことを言わないでください……。(汗)


――好きな、作家はいますか? 作品はありますか? 

木野
土橋真二郎さんの『扉の外』や『殺戮ゲームの館』などが大好きです。
井上堅二さんの『バカとテストと召喚獣』にも爆笑させていただいています。


――第1回『このラノ』大賞に応募しようと思ったのはなぜですか?

木野

色々ありますが、一つは人気ラノベの紹介本などを出されているということもあり、新興レーベルでも、ここはきっと成長するはず!と思いました。
あと、やっぱり賞金が大きいですしね(^▽^;A
だけど一番の理由は、私の応募作品って軒並みページ数が130P(40字×34行)を大幅に超えていたので、規定ページ数の少ない他レーベルで送れるところが中々なく……

編集部(注
賞金についてはもう何も言いますまい……。(笑)
(※いきさつにつきましては、栗山千明賞受賞者大間九郎さん、特別賞受賞者おかもと(仮)さんのインタビューをご参照ください。)


――本作品を書くきっかけなどはありましたか?

木野
いつも作品を読んで感想をくれる友人が、今度はコメディを読みたいと言ってくれたのがきっかけだったと思います。

編集部(注
今回の受賞者、応募前に、誰かに1度読んでもらっている方がけっこう多いみたいです。
客観的な視点って大事ですね。


――作品の見所は?

木野
……主人公の妄想、でしょうか(*ノωノ)
多感なお年頃ですからね。色々考えちゃうであろう、あんなことやこんなことを覗き見るような面白さが売りだと思います。

編集部(注
数ページにわたって展開される主人公・善一の妄想は必読です!


――読者の皆様ににメッセージをいただけますか。

木野
選評でも指摘されていることですが、意外性やストーリーなんてほぼ無いに等しいです。王道すぎて、「こんなの使い古されている」という意見も絶えないと思います。ですが、なんとかそこに目を瞑っていただき、彼らの会話劇+妄想劇を生温かく見守ってやっていただけたら幸いです。よろしくお願いします!!

編集部(注
受賞作の中でも会話の楽しさは随一ですね。


――賞金の使い道は?(笑)

木野
自転車買います(まっすぐ走らない)
原付買います(エンジン勝手に止まりすぎ)
パソコン買います(近々火を噴く予定)

編集部(注
えーと、それらは、事故る前に、できるだけ早く購入された方がよろしいかと思います。ええ……。


――今回は木野裕喜さんのインタビューでした。
ありがとうございました。

木野裕喜さんの『暴走少女と妄想少年』は明日9月10日刊行です。
いよいよ、明日このラノ文庫5作同時発売です!


受賞作特集 http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp 

受賞者インタビュー第4回 特別賞『伝説兄妹!』 おかもと(仮)

スペシャルブログの更新第4回目は第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の特別賞を受賞したおかもと(仮)さんのインタビューをアップです!

densetsu

 


1回『このライトノベルがすごい!』大賞 特別賞作品

『伝説兄妹!』

著者:おかもと(仮)
イラスト:YAZA





おかもと(仮)さんは、北海道在住の大学生ということで、メールでのご解答をいただきました!
※おかもと(仮)が正式な著者名です。「いつになったら正式な名前は決まるのですか?」というお問い合わせにはお答えできません!(笑)

――受賞の電話連絡を受けたときはどんな気持ちでしたか?

おかもと(仮)
やったーの一言に尽きます。今もまだそんな気分です(笑)

編集部(注
確か受賞のお電話を差し上げたときはロッテリアにいたんですよね…。
電話口で喜びの雄たけびを上げていたような記憶があります……(笑)



――
周囲の反応など何かありましたか?

おかもと(仮)
サークルの後輩が喜んでくれて、すげー嬉しかったです。家族も喜んでくれました。

編集部(注
おかもと(仮)さんは大学で文芸サークルに所属しているとのこと。受賞作『伝説兄妹!』にも文芸サークルに所属する明津というかキャラが出てきますね。要チェックです。



――
小説を書き始めたきっかけはなんですか?

おかもと(仮)
小学生の頃読んでいたライトノベルに触発されました。


――
好きな、作家はいますか? 作品はありますか?  

おかもと(仮)
小説家さんでも漫画家さんでも書ききれないほど好きな方はいますが、ミーハーなんでなんとも言えない気もします。


――
1回『このラノ』大賞に応募しようと思ったのはなぜですか?

おかもと(仮)
第一回で、かつ、お金が一番よかったので……(笑)

編集部(注
結局それか! 先週の栗山千明賞受賞者、大間九郎さんに引き続きですね(笑)



――
本作品を書くきっかけなどはありましたか?

おかもと(仮)
(通っている)商大の祭の時に文芸サークルで売った本なので、きっかけというと大学のお祭りがあったから……? お祭では本なんかほんと売れないんで、色々試行錯誤しましたが、やっぱあんまり売れませんでした! 誰かうちのサークルの本買ってくれないですかね。きっとそのうち、またプロが出ますよ? そう、我がサークルの作品を買うなら今しかない、さらにもしかしたら(以下略)

編集部(注
えーと、サークルの宣伝はそれぐらいにしてください(笑)


――
作品の見所は?

おかもと(仮)
おっぱいぱい伝説。

編集部(注
サイトの立ち読みでも、まだ、このくだりは公開されてないんですが、本書をお手元にとられた際には、主人公・柏木の詩に注目していただけるとその謎が解けるかと。はっきり言って“伝説”です。


――
読者の皆様ににメッセージをいただけますか。

おかもと(仮)
これからも宜しく御願いします。皆さんに楽しんでもらえるよう、僕なりに努力していきたいです。そのために今まで努力してきました。この努力は永遠に続けたいです。いや、言うほど結果がでているかどうかはちょっとグレーゾーンですが。

編集部(注
急に弱気にならないでください。大丈夫です“おっぱいぱい伝説”ですから。(笑)


――
賞金の使い道は?(笑)

おかもと(仮)
後輩に寿司をおごったり、旅行したり、友達連中と豪遊したり――したかったんですが100万じゃあ学費と実家にお金入れてお終いです(泣)。身の程知らずなおたけびですが、500万欲しかったああああ!

編集部(注
………………。


――
最近の個人的にハマっていることなどはありますか? 
 
おかもと(仮)
持ってないのにモンハンのプレイ動画を眺めること。PSPが欲しいです。

編集部(注
受賞者のPSPほしい率がなにげに高いですね。金賞受賞者の里田さんもおんなじ様なことを言っていたような……。僕もほしいです。


――
今回はおかもと(仮)さんのインタビューでした。
ありがとうございました。

おかもと(仮)さんの『伝説兄妹!』は9月10日刊行予定です。
今後も、各受賞者の声を順次更新予定です。お楽しみに!

受賞作特集 http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp  

受賞者インタビュー第3回 栗山千明賞『ファンダ・メンダ・マウス』 大間九郎

スペシャルブログの更新第3回目は第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の栗山千明賞を受賞した大間九郎さんのインタビューをアップです!

Mausu

第1回『このライトノベルがすごい!』大賞 栗山千明賞作品


『ファンダ・メンダ・マウス』

著者:大間九郎
イラスト:ヤスダスズヒト





――まずは受賞おめでとうございます

大間
ありがとうございます。大賞500万円を取れなかった大間九郎です。

――えっ?あ……、はい。本日はよろしくお願いします。
えっと、受賞の電話連絡を受けたときのことを教えてください?

大間
風呂に入っている時の電話でしたので、全裸でお電話に出させていただきました。
寒かったです。500万がスルリと指の間から抜け落ちて行く感覚、心も体も寒かったです。

――全裸で、500万……。えーと、受賞に関して、周囲の方の反応など何かあったりしましたか?

大間
ないです。私の周囲に人などいないので。

――そ、そうですか……。小説を書き始めたきっかけは?

大間
500万円が欲しかったからです。
私は本をよく読むのですが、本は高いのです。お金がすぐになくなってしまいます。
なので本を買う為のお金は、本を書いて稼ごうと思い小説を書きました。
賞金が100万円になり、買える本も5分の1です。

――はは……(汗)、大間さんって素直な方なんですね……。
好きな作家はいますか? 好きな作品などはありますか?
 
大間
中島らも・ナンシ―関・大槻ケンヂ・町田康・鳴海丈・宮部みゆき・奥田英朗・舞城王太郎・高村薫・夢枕獏・桜玉吉・
うえやまとち・古谷実・山本直樹・西原恵理子・藤田和日郎・化野燐・石川賢・池波正太郎・石井好子・桜庭一樹、
まだまだ好きな方はたくさんいますがすぐお応えできるのはこれくらいでしょうか。
私にとって中島らもは神です。そして桜庭一樹は俺の嫁。(敬称略)

――俺の嫁……。えー、ちなみに、なぜ第1回『このラノ』大賞にご応募いただいたんでしょうか?

大間
行きつけの本屋で『このライトノベルがすごい2010』が目にとまり、表紙に〝大賞募集〟と書いてあり、賞金が500万円だったからです。500万あれば1、2年は本を買うのに困りませんから。

――ははは、なるほど……。本作品を書くきっかけなどはありましたか?

大間
お金です。

――で、ですよね……。作品の見所は?

大間
人間はどのような状態でも素晴らしいと思います。人間は素晴らしい、私はそのように考えています。
私の書いた小説は人間讃美の小説です。人間という生き物の素晴らしさを感じていただけたらと思います。

――……おお! なんか今日はじめて良いこと言ってますよ! 大間さん。
最後に……、読者の皆様にメッセージをいただけますか。

大間
この度、栗山千明賞を受賞させていただきました大間九郎です。学歴も、金も、地位も、名誉も、将来も何もない三十男が書いた窮鼠猫を噛む一撃を堪能していただければと思います。

――あ、あと、お約束の質問なんですが、賞金の使い道は?

大間
本を買います。買いたい本は山ほどあるし、本屋は毎月新刊を入れてきて私を誘惑し続けるので。

――もう1個ぐらい、やわらかめの質問を……。最近、個人的にハマっていることとかマイブームとかあったりしますでしょうか?
 
大間
最近出来た桜木町駅前の紀伊国屋書店です。広くて綺麗で大好きです。私は伊勢崎町の有隣堂をマイ本屋にしていたのですが、このごろ浮気気味です。週の内3日が有隣堂で4日が紀伊国屋になってしまいました。許して有隣堂、高い本は君で買うから。


――えー、今回はとっても正直者な大間九郎さんにお話伺いました。
ありがとうございました。

大間九郎さんの『ファンダ・メンダ・マウス』は9月10日刊行予定です。
今後も、各受賞者の声を順次更新予定です。お楽しみに!

受賞作特集 http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード