このライトノベルがすごい!文庫 スペシャルブログ

ここでしか読めないスペシャルなコンテンツを公開!

受賞者インタビュー第3回 栗山千明賞『ファンダ・メンダ・マウス』 大間九郎

スペシャルブログの更新第3回目は第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の栗山千明賞を受賞した大間九郎さんのインタビューをアップです!

Mausu

第1回『このライトノベルがすごい!』大賞 栗山千明賞作品


『ファンダ・メンダ・マウス』

著者:大間九郎
イラスト:ヤスダスズヒト





――まずは受賞おめでとうございます

大間
ありがとうございます。大賞500万円を取れなかった大間九郎です。

――えっ?あ……、はい。本日はよろしくお願いします。
えっと、受賞の電話連絡を受けたときのことを教えてください?

大間
風呂に入っている時の電話でしたので、全裸でお電話に出させていただきました。
寒かったです。500万がスルリと指の間から抜け落ちて行く感覚、心も体も寒かったです。

――全裸で、500万……。えーと、受賞に関して、周囲の方の反応など何かあったりしましたか?

大間
ないです。私の周囲に人などいないので。

――そ、そうですか……。小説を書き始めたきっかけは?

大間
500万円が欲しかったからです。
私は本をよく読むのですが、本は高いのです。お金がすぐになくなってしまいます。
なので本を買う為のお金は、本を書いて稼ごうと思い小説を書きました。
賞金が100万円になり、買える本も5分の1です。

――はは……(汗)、大間さんって素直な方なんですね……。
好きな作家はいますか? 好きな作品などはありますか?
 
大間
中島らも・ナンシ―関・大槻ケンヂ・町田康・鳴海丈・宮部みゆき・奥田英朗・舞城王太郎・高村薫・夢枕獏・桜玉吉・
うえやまとち・古谷実・山本直樹・西原恵理子・藤田和日郎・化野燐・石川賢・池波正太郎・石井好子・桜庭一樹、
まだまだ好きな方はたくさんいますがすぐお応えできるのはこれくらいでしょうか。
私にとって中島らもは神です。そして桜庭一樹は俺の嫁。(敬称略)

――俺の嫁……。えー、ちなみに、なぜ第1回『このラノ』大賞にご応募いただいたんでしょうか?

大間
行きつけの本屋で『このライトノベルがすごい2010』が目にとまり、表紙に〝大賞募集〟と書いてあり、賞金が500万円だったからです。500万あれば1、2年は本を買うのに困りませんから。

――ははは、なるほど……。本作品を書くきっかけなどはありましたか?

大間
お金です。

――で、ですよね……。作品の見所は?

大間
人間はどのような状態でも素晴らしいと思います。人間は素晴らしい、私はそのように考えています。
私の書いた小説は人間讃美の小説です。人間という生き物の素晴らしさを感じていただけたらと思います。

――……おお! なんか今日はじめて良いこと言ってますよ! 大間さん。
最後に……、読者の皆様にメッセージをいただけますか。

大間
この度、栗山千明賞を受賞させていただきました大間九郎です。学歴も、金も、地位も、名誉も、将来も何もない三十男が書いた窮鼠猫を噛む一撃を堪能していただければと思います。

――あ、あと、お約束の質問なんですが、賞金の使い道は?

大間
本を買います。買いたい本は山ほどあるし、本屋は毎月新刊を入れてきて私を誘惑し続けるので。

――もう1個ぐらい、やわらかめの質問を……。最近、個人的にハマっていることとかマイブームとかあったりしますでしょうか?
 
大間
最近出来た桜木町駅前の紀伊国屋書店です。広くて綺麗で大好きです。私は伊勢崎町の有隣堂をマイ本屋にしていたのですが、このごろ浮気気味です。週の内3日が有隣堂で4日が紀伊国屋になってしまいました。許して有隣堂、高い本は君で買うから。


――えー、今回はとっても正直者な大間九郎さんにお話伺いました。
ありがとうございました。

大間九郎さんの『ファンダ・メンダ・マウス』は9月10日刊行予定です。
今後も、各受賞者の声を順次更新予定です。お楽しみに!

受賞作特集 http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp

受賞者インタビュー第2回 金賞『僕たちは監視されている』 里田和登

スペシャルブログの更新第2回目は第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の金賞を受賞した里田和登さんのインタビューをアップです!

kanshi

第1回『このライトノベルがすごい!』大賞 金賞作品

『僕たちは監視されている』

著者:里田和登
イラスト:国道12号





――まずは金賞受賞おめでとうございます。
里田さんに電話を差し上げたときはわりと落ち着いているな~という印象だったんですが、
実際に受賞の電話連絡を受けたときはどんな気持ちだったんですか?

里田
驚きました。二次あたりで落ちると思っていました……。

――あ、そうなんですか。あまり自信なかったんですね。
その後、受賞したことはまわりの方には言われたんですか?何かの反応などありましたか?

里田
はい。友人が、8月2日の発表直後にお祝いのメールをくれました。
発表をドキドキしながら待っていてくれていたそうです。嬉しかったっす。

――ご本人より、まわりのほうがどきどきしていたんじゃないですか?
大賞を受賞した大泉さんにも聞いたんですが、小説を書き始めたきっかけは何かあったりしますか?

里田
体を壊し、引きこもりになったことがきっかけです。人と喋らない生活が続いたため、まともな会話が出来なくなるだけでなく、日本語の筆記も怪しくなり、リハビリの一環で書き始めました。文章だけは昔からそこそこ書けていたので、能力を取りもどせば人としての自信につながるかなと……。

――引きこもり……、リハビリですか……。随分極端な社会復帰をしましたね。(笑)
好きな作家さんがいたり、好きな作品があったりますか?

里田
ポール・オースター氏の『最後のものたちの国で』が好みです。大人の余裕が感じられる、いろんな解釈が許される作品に惹かれます。高橋源一郎氏の『さようなら、ギャングたち』も好きです。リハビリで文章を書こうと思い立ったのは、氏のエッセイの影響もあります。

――第1回『このライトノベルがすごい!』大賞に応募しようと思ったのはなぜですか?

里田
Web巡回中に偶然『このラノ』大賞の広告を見つけました。おもしろければジャンル不問という賞のコンセプトがとても魅力的でした。

――偶然なんですか。それは編集部的にもちょっとうれしいですね。
ちなみに、本作品を書くきっかけなどはあったんですか?

里田
『このラノ』大賞に出会ったことが、最大のきっかけでした。時間に追われ、ただただ必死に書きました。締め切り直前の12月の記憶がほとんどありません……。

――それはすごい! そんな作品の見所は?

里田
ヒロインの孤独っぷりです。国道先生の素敵なイラスト込みだと、哀愁も数倍に見えるかと! 基本、孤独な少女の心情描写が好きなのですが、明るい笑いも好きなので、その両極のバランスも見ていただけたら嬉しいです。

――それでは、最後にこれを読んでいる読者の皆様にメッセージをいただけますか?

里田
はい。孤独な少女・寓話・少し不思議・風俗街……このあたりに胸が躍る方は、ぜひ手に取ってみてください。品の無いやつですが、物語くらいは奇麗にありたいと、可愛げあるものを心がけました。よろしくお願いいたします。

――あ、そうだ、1つ聞き忘れてました。賞金の使い道は?(笑)

里田
引きこもりで親に借金をしてしまったため、返済にあてます。余ったら、遅まきながらPSPを買いたいです。タクティクスオウガのリメイクが死ぬほどやりたいです。

――PSP引きこもらない程度にお願いしますね。(笑)
今回のインタビューは里田和登さんでした。ありがとうございました。

里田和登さんの『僕たちは監視されている』は9月10日刊行予定です。
今後も順次、各受賞者の声を順次更新予定です。お楽しみに!

受賞作特集 http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp

受賞者インタビュー第1回 大賞『ランジーン×コード』 大泉 貴

スペシャルブログの更新1回目ということで、今回は第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の大賞を受賞した
大泉 貴さんのインタビューをアップです!

langene

第1回『このライトノベルがすごい!』大賞 大賞作品

『ランジーン×コード』

著者:大泉 貴
イラスト:しばの番茶





――まずは、第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の大賞受賞おめでとうございます。
聞きたいことは色々あるのですが、まず受賞の電話を受けたときのことを教えてください。

大泉
わりと平静でしたね。連絡を受けた後、研究室のパソコンのキーボードを打つ指が震えたり、家に帰ろうとして、逆方向の電車に乗っちゃったり、急にお腹が痛くなってトイレに駆け込んだり、頭痛に襲われたりするくらい、平静でした。

――それは、とても平静でしたね。(笑)
受賞の発表から1週間が経ったわけですが何か周りの環境の変化などはありましたか?

大泉
なぜかみんな、僕が受賞したことを報告しようとすると、彼女ができた報告だと勘違いされることが多かったですね。
あと、女の子から1日デ―トを申し込まれました。iPad購入が条件みたいです。

――iPad購入が条件ですか……。それは、賞金目当て……、いやいや、そんなはずありません!
うまくいくといいですね。ええ。
話題を変えましょう。はじめて小説を書きはじめたのはいつ頃からですか?

大泉
小学四年生の頃に、某亀の怪獣が出てくる妄想小説を大学ノートに綴ったのが最初です。

――なるほど、随分早くから、書き始めていたんですね。好きな作品や作家などはいたりするんでしょうか?

大泉
そうですね、日本の作家だと小松左京さん、京極夏彦さん、金城一紀さん、有川浩さん、瀬名秀明さんなどでしょうか。海外では、アーサー・C・クラーク、テッド・チャン、グレッグ・イーガンなども読みます。ライトノベルでは、フルメタとSOS団の団長様の小説でしょうか。

――第1回『このライトノベルがすごい!』大賞に応募しようと思ったのはなぜですか?

大泉

母が朝日新聞にあった広告を見つけてきたのがきっかけです。ラノベは、以前から別の新人賞で投稿を続けていましたが、『このミス』大賞に以前から興味があり、それのライトノベル版ということで応募しました。

――なるほど。お母さんが広告を見つけなければ、大賞受賞もなかったわけですね。
本作品を書くきっかけなどはあったんですか?

大泉

正直いって、もうよく覚えていません。高校のころに、テッド・チャンの『あなたの人生の物語』という小説を読んでそれに触発されたのだと思っていましたが、中学の頃に書いたメモに、コトモノの原型のアイデアがすでに記されていました。

――中学のときですか…。随分、長くあたためていたアイデアだったんですね。ちなみにご自身が考える『ランジーン×コード』の魅力はどんなところですか?

大泉

それは、もう、しばの番茶先生のイラストです!

――ストーリーとかじゃないんですか?(笑)

大泉

いや、これ本当に見所ですよ。特に、真木成美のイラストに僕と担当さんは悶えていました。

――それでは、これを読んでくださっている読者の皆様にメッセージをお願いします。

大泉

この小説にはコトモノというわけのわからない存在が出てきます。「こんな連中、いるわけねぇだろ!」とツッコミを入れながら、彼らの『物語』を楽しんでいただけたらと願っております。どうぞ、拙著『ランジーン×コード』をどうかよろしくお願いいたします。

――ちなみに、賞金の使い道は?

大泉

友人の談ですが、賞金が入った口座の残高明細を印刷して、ファイルに入れて永久保存という案にちょっと惹かれました。個人的には、賞金の札束で頭を殴られたいです。

――なかなか個性的な使い道ですね……。ありがとうございました。

大泉 貴さんの『ランジーン×コード』は9月10日刊行予定です。
今後も各受賞者インタビューを順次更新予定です。お楽しみに!

受賞作特集
http://award2010.konorano.jp/
大賞公式サイト http://konorano.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/konorano_jp

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード